Cxplorer

CxplorerはLinux用日本語完全対応ファイルマネージャを中心とした統合環境でテキストエディタ(Cxpnote)やアドレス管理マネージャ(Cxpaddr)及びカレンダー(Cxpcalen)、メーラー(Cxpmail)などなど一通り のソフトがCxplorer内に同梱されています。このアプリケーションは1999年8月〜2001年9月(約2年間の開発、以後メンテナンス)の間、コンタ氏によって開発されていました。

コンタ氏のご厚意により2003年9月、GPLとして公開する事が可能になり、当プロジェクトで開発を引き継ぐ事になりました。今後、コンタ氏による開発は一切行われませんのでご要望や質問などは当プロジェクトへ御連絡頂くようよろしくお願いします。

Cxplorer2

現在、Gtk+2ベースのファイルマネージャを開発中です。これまでのcxpと違い、アプリケーション毎にパッケージングされます。Cxplorer2の正式版をリリース後、ファイルマネージャ以外についてもポーティングを検討しています。

Cxplorer2の特徴

CVS

CVSから匿名でソースを取得するには次のように行います。パスワードは必要ありません。

cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/cxplorer login
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/cxplorer co cxplorer

モジュールのディレクトリ内からアップデートする場合、-d オプションは必要ありません。

また、WebブラウザによりCVSリポジトリの参照が可能です。